食堂の実物サンプルを食べる人

出入り口の前(外)にサンプル品が飾ってあった

昼食を食べて、オフィスまで歩いていると、途中にある日本料理店の外に机と椅子が置いてあり、実物サンプルがおいてあった。
う~ん、大胆だ。
まさに、道行く人に食べてくれといわんばかりだ。
さすがに食べないか・・・

それを見ていたら、僕の大学時代に、学食(生協食堂)の実物サンプルが食べられるという事件があったのを思い出した。
そのサンプルは、長時間ガラスケースに入れっぱなしにしてあるもので、グデーっとなっていて、如何にもまずそうなのだが、よく食べたものだ。
そんなに貧しかったか、当時の早大生。
若しくは、うけ狙いか。

その後、ショーウィンドウに、「サンプル品を食べないで下さい。サンプル品は本物ですが食べられません」という、冗談のような断り書きが付いていた。


あと、やはり生協食堂で、ご飯をお子様ライスを盛るような型に入れて出すようになった事がある。
その為、急にご飯コーナーが行列しているので、「こんなのに盛る様になったんですかぁ」とおばさんにいうと、「そうなのよ。本当に無駄な時間がかかって嫌なんだけど、この前、ご飯の盛り方が不均一だと文句をいった人が居てね!」という。
「うるさい人間が居るんですねぇ」とあきれたものだ。

そしたら、2年後、会社に入って、同期とその話をしていたら、そいつが急に激昂しだして、「それは俺が文句言ったんだよ!そりゃあ怒るわ、前の人間とすっげぇご飯の量が違うんだぜ!」とシャウトしていた。

犯人はこいつか!となぞが解けると共に、「10円か20円のご飯でもめるなよ。そんなに食いたきゃ大盛りにしろよ」と思う事しきり。
やはり、そんなに貧しかったのか。

という事で、せこい話がいっぱいの学生時代だったのを思い出した。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です