一日中本を書いていた

朝からずっと新しい本を書いていた。

旧正月くらいに書き始めたのだが、今日2万字以上書いたので、合計4万字ちょっと完成。
どんなに遅くても、3月下旬には書き終わるであろう。
上手くいくと、3月中旬に終わりそうだ。

相変わらず書き出すと早い。
今回は、構想は去年の2月からあったので、書く気になるのに1年かかったわけで、なかなか書く気にならないのが問題だが。

書く気になる瞬間を、小説家とかだと、「小説の神様が降りてきた」とか言うんだろうな。
僕のは実務書なので、そんなたいそうなものではなくて、怠け心が吹き飛んだ時が書く気になる時って感じだ。
本一冊書くの辛いし、一冊書くと、次書き出すのが怖いもので・・・

そんな感じで出してきた本も、次で11冊目。
改訂版を1冊と数えると、14冊目だ。


僕の連載で一番長いのが、2002年1月から始めたNNAの中国ビジネス解説。
これが、287回なので、今年の5~6月には300回達成。
心がくじけて、1ヶ月くらい休んだ時期が2回あったけど、毎週毎週よく書き続けてきたものだ。SARSの時も書き続けていたのが懐かしい。

まだまだ途中時点なので、これで満足する気は全然無いけど、ともあれ300回達成時迄には11冊目の本を完成させて、何かお祝いしたいなという気分。
イベントやって、(いつももったいないので直前で白にしてしまうけど)今度こそはドンペリ・ロゼを飲もう。

それが終わると、直ぐに、次の本の執筆開始だ!
会計も税務も変わっているので、書かなくてはいけない内容が一杯。

まぁ、やる事がたくさんあるうちが華だ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です