のろいばあちゃん?

今日のNNA香港版を見ていたら、「のろいばあちゃん観光名物に?」というコラムが載っていた。
これは、拝神婆婆というやつで、路上で狂ったように靴で紙を叩きまくっているいる人。
何をやっているのかと言うと、人に恨みが有る場合、その人間の名前を書いて、このおばさんに渡すと、その人間を呪いながら、靴でその名前を叩きまくってくれるというもの。
まあ、一種の香港名物であるのは確かだ。

数年前に、谷垣君が、「あの人何やってるか知ってました?知らない!?水野さんも香港文化を学ばなくてはいけませんよ!」と、おお威張りで教えてくれたことがあるが、それで初めて知った。

これで効果が有るかどうかははなはだ疑問だが(あと、何故靴で叩くのだろう)、周りを野次馬が取り囲んだりするので、嫌いな人間の名前が、公衆の面前で靴で叩かれまくっているのを見れば、それなりに溜飲は下がるのだろうなと思う。

記事では、外国観光客からも注目を集めていて、日本人顧客を持つ人間もいると書いてある。
面白いものだが、それ程、海外にアピールする風習ではない様な気もするが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です