昔の生徒(?)とちょっと高級火鍋で会食

調味料とそれで作ったたれ

夜は香港で会食であった。
相手は、マカオのインキュベーションセンターで知り合った岩田さん。

マカオに、Japan Business Incubation Centerという会社があって、今では、コンサルティング・調査・請負のソリューション会社となっているのであるが、以前は、中国ビジネス研修を行う組織であった。
そこで数か月、僕は顧問をしていたのだけれど、その輝かしい第1期卒業生(卒業証書はないけれど)が岩田さんである。
僕も数か月講師として授業をしたものだ。

半年前に僕が福岡に出張した時、美味しい焼き鳥を食べさせて頂いたり、カクテル屋台に連れて行って頂いたり、楽しい数日間を過ごさせてもらった。
今回は、同氏がマカオ・香港にご出張されるという事で、食事にお誘いしたもの。

取りあえず、午後5時半に銅鑼湾で落ち合い火鍋屋に直行。

なべの具を前にした岩田さんとこの店の売り物の肉

行ったのは、開店間もない火鍋屋。
店は新しく内装も奇麗。
店員さんは、まだちょっと慣れてない感じで、隣の席のミル貝刺身とか、米国牛とかをこちらの席につけていて、「違うよ~!」とか騒ぎになったりしたのであった(すぐに修正してくれたけど)。

そんな感じで、肉を食べ、大好きな生根(油揚げボール)と魚の皮の揚げたのを食べ、紹興酒を飲んで盛り上がる。
料金は550元くらいなので、食べた量を考えればまずまず。

最後に出前一丁を入れて食べた後のスープが大変美味しかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です