NACマイツさんと四川火鍋でひーひー言う

午後4時まで香港で仕事をして、それから深圳南山区へ移動。
今日は、NACマイツさんとの会食。

僕の会社(Mizuno Consultancy)は、NAC(中小田国際会計グループ)と資本・業務提携をしているので、深圳・広州NACマイツさんとは兄弟会社のようなものだ。
という事で会食に招かれたので、いそいそと出かける。

今週は、5営業日の内、4日間広東省に入っている。
宿泊は1泊で、あとは日帰りだけど。
早く広州・深圳の拠点を立ち上げないと、移動が大変だ。
オフィスの場所も両方とも決まっているのだけれど(広州は天河の中信広場・深圳は羅湖の金融大廈)、開設登記は上海(設立手続中)が完了した後になるので、もう少し時間がかかりそう。

通常の会社設立では2~3年かけてやる事を、半年で終わらそうとしている訳で、体がしんどいのも致し方ないなぁ。
それが終わると、来春、日本で会社設立が控えている(現在協議中)。

深センの四川火鍋で盛り上がる

そんな感じで移動して、宴会場にはちょっと遅れて参加。
中小田さんのチョイスで四川火鍋での宴会だ。
鍋は清湯(クリーンスープ)と辛スープの半分半分で、どちらかというと清湯に具をつけた方が美味しいと思うのだが、気合いを入れる(気合が入ってない人をこらしめる?)目的で、辛スープで煮るのが主流となり、最初は良かったが、だんだん辛くなってくる。
食べていると、舌の両横がびりびりしてくる(他の部分は何ともない)ので、昔習った舌の味覚探知部位の図を思い出す。

辛いので、ビールをどんどん飲んで、調子が上がってくる。
話題もいろいろ。
引きこもりとニートはどちらがやる気があるかという話題が出る。
斉藤さん曰く、引きこもりはやる気があるが、現実とのギャップに葛藤している状態なので、ニートより上だという主張であるが、う~ん、良くわからない。
一度、コンシェルジュの連載に書いてもらおう。
本来のテーマ(総経理の為の会計&IT入門)とは全然違うけど。

ともあれ、斉藤さん、亀一は同い年(1977年生まれ)なので、今後、良い連携が生まれそうな気がする。
コンシェルジュ(斉藤さん)&香港ポスト(亀一:塞翁が亀)コンビだな。

そんな感じで楽しく宴会は続いたが、9時のフェリーに乗るため8時半には終了。
広州NACマイツの方々は、広州に移動。
その内お一方は、夜に荷物を移動した後、翌日朝8時の飛行機でシンガポール赴任との事。
過酷なスケジュールだ。若くないとできないね。
ともあれ、シンガポールでのご活躍お祈りしております。


因みに、

年内に、Mizuno Consultancy、NACグループ、EHの共催で、加工貿易セミナーをやる予定です。
テーマは今話題の「来料加工廠の独資転換」。

組織変更の手続き問題点を、制度、税関手続、会計税務から全方位的に解説します。
近々告知しますので、乞うご期待!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です