無錫でレストランの選択を間違える

無錫駅

無錫日帰り出張だ。

無錫に行くのは実は2回目。
蘇州に行く機会は多いのだが、無錫までのちょっとの足がなかなかのびていなかった。
とはいえ、無錫は上海から電車で1時間と近い。
無錫新区も良い工業団地だ。

上海で家を出たのが朝7時半。
9時5分発の電車に乗って無錫到着は10時過ぎ。
11時前にはお客様の工場に到着。
便利なものだ。

無錫旅情のカラオケ映像に出てくるのどかな雰囲気とは程遠い。

本当は美味しいという名物排骨

面談、簡易コンサルティングを終わらせると上海に。
ただ、買えたのが午後2時の電車なので、ちょっと時間に余裕がある。
タクシーの運転手さんにホテルに連れて行ってもらい、そこで食事をする事に。

副総経理の胡さんに聞いて、無錫小籠包とやはり名物という排骨を食べる事にする。
残念ながらまずい。
前回胡さんが食べた店の排骨は美味しかったと言うことなので、店の選択ミスと思われる。

という訳で名物の排骨。

四川料理ながら、怪味鶏。
これが一番まともな味だった様な・・・

麺もこんな感じ。

お茶は一人(一杯)25元の割には、数年間ほっぽらかしてあったような茶葉だったし。
客がほとんど居なくてがらがらなのもわかる気がする。

う~ん、これで無錫料理を語ってはいけない様なので、次回は店を選ぼう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です