福建省里帰り(?)の旅 思い出の都市福州

福州空港と馬尾の開発区

約1年半ぶりの福建省出張だ。
福州は2年以上ごぶさただ。

25~26歳の若い時期を福州で過ごしたので、福建省には思い入れがある。
まだ、お客様が福建省にいて、たまの訪問機会があるのは嬉しい事だ。

上海を2時に出発する飛行機で福州に到着。
飛行時間は50分。

思えば、上海から福州入りしたのは、1990年の研修生時代以来だ。
僕の研修生時代、実務研修地は福州、南京、青島に決まっていた。
その中で、当初、福州が一番行きたくない場所だった。
その理由は、海外とのアクセスが悪い事と、どの旅行ガイドブックを見ても紹介されておらず、情報が不足していたからだ。
なにしろ、当時は、上海、広州などから電車で福州に行くには乗り換えが必要。
日本との直行便はなく、香港行きのフライトは週に数本という状況。
おまけに、当時の飛行場は狭くて立地が悪く、着陸できない事が頻繁にあった。
なにしろ、研修生時代の僕は、1年で5回福州行きの飛行機に乗ったのであるが、その内2回、福州に着陸できず、上海に行ってしまった。
かなりの確率だ。

福州の町並み

それが、今では巨大な飛行場になり(その分、市街地まで車で1時間かかるが)、香港便は毎日数便、日本との直行便も飛んでいる。
隣のアモイはJAL, ANAも運行している。
時の流れは偉大だ。

まずは、馬尾の開発区で顧客訪問。
ここは空港と市街地の中間点にあるので、空港からは30分ほど。
打ち合わせを終えると、一緒に市街地に。

以前、1年暮した温泉大飯店(五四路)も訪問する。
やはり、以前暮した場所は今でも懐かしい。
夜は2組のお客様と一緒に、韓国料理を食べる。
肉を食べ、福州独特の小さなビールグラスで、乾杯を繰り返して平和な夜はふけていった。
明日はアモイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です