香港の日本料理屋

目が覚めたらもうお昼だった。
昼食を食べて、ブログを更新したらすぐまた昼寝。
再度目が覚めたら午後5時だった。

そんな感じの休日。
半年ちょっと、極限の極限まで体を酷使したけど、やっと生活も元に戻り始めている。
夜11時間。昼4時間寝たので、さすがに疲れもとれた。

今日は仕事やめようかなぁ、と思ったけど、NNAの連載は書かないわけにはいかないので、ネタ探し。
国家税務総局より出た、保税物流中心B型と輸出加工区での物流オペレーションに関する税務の通知(国税函[2009]145号)を解説。
「何で今のタイミングでこんな通知が出たの?」という感がある通知だが・・・



話変わって、昨夜は12年来の知人(年齢は一回り上)と会食。
店を決める時に、「●●に行こう」とその人が言って歩き出す。
途中まで一緒に歩いたが、「そこって高くありません?」と質問。

前の場所にあった時、僕は数回行った事があるが、定食しか食べていない。
ただ、他の知り合いが、「あそこは注意した方がいいですよぉ。良いのあります、って言われて、じゃあ出して、っていうと、一人HK$ 2,500 ~ 3,000は必ず取られますもん」と言っていたのを思い出したのだ。

と、「確かにぼるな。前に、その店に一人で行った時、俺あなご好きだから焼いてくれ、っていったら、勝手に10匹も焼かれてHK$ 2,000取られた」との答え。

「やめましょうよぉ、そんな店。奢ってもらうんでも、道義的に行きたくないですよ」と言って軌道修正。馴染みの店に落ち着く。


しかし、そんな店でも、両方の人ともリピートしている様だ。
他にも高いと言われる店はあるが、それなりに生き残ったりしている。
けれん味なく高く取れば、(不味ければさておき)それはそれで認知されるのであろうか。
香港の日本料理の世界は摩訶不思議である。
まあ、良心的な店も多いし(こんな店はごく一部だし)、香港は家賃が高いから全体的に価格が高めになるってのは致し方ない事だけど。

僕自身は、ここ暫く高い店には行かなく(行けなく?)なってしまったのであるが、たまに高い和食屋に行くと、香港人で満員だ。
明らかに日本人より金を落としている。
上海でも似たような光景を目にする。

日本での中国の報道は、景気停滞で大変なことになっていて、というものが多いが、こちらで生活をしている実感は、そんな報道とは随分ギャップがある。
この点、如何なものだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です