亀一とできたて(たぶん)の屋台村で打ち上げる

講演会が終わって、部屋でちょっと急ぎの要件を対応すると夕方6時45分。
亀一とささやかに打ち上げる事とする。

以前、広州出張時は市長大廈に泊まっていたが、亀一が昔住んでいたマンションの一部(4階)がビジネスホテルになっており、税サ込みで、300元で泊まれるので、最近はここを利用している。
湯船がないという難点はあるが(あと、床が滑りやすいので、うっかり転ぶと頭を打ちそう)、それを除けば、居心地は悪くない。
安くてまずまずのホテルも探せばあるものだ。

昨日、ホテルの隣のコンビニに行く時に、隣に「屋台村」という看板があるのが目に入った。
かなり興味をひかれて、亀一に「知ってる?」と聞くと知らないとの答え。
できたてだろうか。
ともあれ、早速そこに。

店はゆったりしてるし、自然光で明るいし、なかなか感じがよい。
メニューも豊富だ。

焼き鳥、串揚げ、ラーメン(豚骨、醤油)、お好み焼き、ご飯もの、一品もの・・・
この大衆的な感じがなんとも惹かれる。
ラーメンにたいそう魅力を感じつつも、取りあえず、牛たん、レバニラ。

そして串揚げ。
途中で、ビールを缶チューハイに切り替え。
亀一が先に頼んで、氷入りのコップと缶が出てくる。

それから15分ほどして、僕が同じものを注文。
缶とコップを持ってきた若い女性の店員さんが、亀一のコップを見るなり、「すみません」と言って、来た方向に飛んでいく。
「どうしたんだろう」と思っていると、コップを氷入りの太めのものに変えてきた。
恐らく、この注文が初めてで、氷を入れる事を知らなかったのだろう。
が、間違いを一瞬でわかって、すぐ対応する姿勢はたいしたものだ。
「こういう子が、あと数年すると、すごく成長するんだろうなぁ」と、亀一と感心する事しきり。

焼きそばが美味しそうなので、塩焼きそばを食べて、ついでにネギ焼き。
亀一は、「広島焼きがないのが残念ですね。ネギだけのお好み焼きなんて、わびしいからやめましょうよぉ」と抵抗するが、油断している隙に頼んでしまう。

さすがに、ラーメンには行きつけない。
でも満足した。

講演も無事終わったし、ほっとするひと時。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です