東京の夜景を見ながらグレートカブキを語る

1月28日の出来事。
以前、時事通信の連載でお世話になった宗澤さんに挨拶をすべく、東銀座の時事通信ビルまで挨拶にいった。
比較的遅い時間の面談だったので、そのまま最上階の来客食堂(の様なところ)に招待頂いた。

料理は、丸紅の来客食堂っぽいメニュー(他の会社は知らないので)で、ソーセージ盛り、烏賊の一夜干し(大きい)、チーズクラカー等を食べる。

ここで特筆すべきは、東京の夜景が大そう奇麗で高級感がある。
あと、利き酒セットがあって、良い日本酒をちょっとづつ飲ませてくれる。
これは大変素敵だ。


宗澤さんとは、プロレス、格闘技の話で盛り上がったり、心霊現象ネタで盛り上がったりと、毎回、話題を変えて盛り上がるのであるが(岡山は心霊現象が多いというのは本当だろうか!?)、今回の話題はグレートガブキ。

先日、カブキの店(飲み屋)に行かれたそうで、その際の、写真を見せてもらいながら、大笑い。
カブキの猪木の真似、馬場の真似など、なかなかカブキは話題が豊富な様だ。

3月以降のプロレス同好会に飛び入り参加させて頂く事とした。
その折に、カブキの店に連れて行ってもらう事に。

毒霧の謎を教えてもらいたい。
今から楽しみだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です