人民元を巡る環境

2008~2009年は、ビジネス上の環境変化が激しく、ちょっと目を離すと、追い切れないほどの法規が公布されていたものだった。
それと比べると、今年は変化が少ない。
ある意味、いい事であるが、ビジネス物の連載を抱える身としては、ネタに困る状況ではある。

ただ、法律以上に実務面での変化が速いのが人民元管理だ。
対外決済試行措置が開始したのが2009年7月。
その後、1年で、対象地域・決済項目の緩和が進み、香港での人民元取り扱いも大幅に自由化された。

とは言え、中国側の対象は、人民元対外決済許可を受けた企業のみに限定されているため、中小企業にとっては、まだまだハードルが高いと考えていた。
ところが、上海・広州で確認すると、僕の会社でもOKという回答。
という事は、申請すれば、殆どの会社で人民元決済が可能になるのではないか。

そんな訳で、まずは、対外決済企業申請を提出し、配当を人民元送金してみる事とした。

本当に、時代の流れが急速だ。

配当実施は、香港・中国本土の租税協定適用申請をしているため(源泉徴収税率5%適用に関する、国税発[2009]124号の事前登記)、まだ、若干時間がかかるが、結果は、追って状況報告する事にしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です