八吉で魚と八海山純米吟醸

話が前後するのであるが、15日に広州から戻るとクライアントのオフィスに直行。
2時間ほど打合せ。
その後、チムサッツイの八吉(ちゅらの跡地)で会食した。
起業後支えてくれた方でもあるので、2周年のお礼もかねて。

チムサッツイ側の店が、まだ開拓できておらず、どこにしようか迷ったのであるが、「魚がおいしい」、「日本酒の種類がある」という噂を聞いたので、使ってみる事にした。

最初は、海ブドウ、子持ち昆布の串揚げ(写真を忘れたが、不思議な美味しさ!)。
それから、(のどぐろフェアーとの事で)のどぐろの塩焼き。
マグロ二種(僕はやはり中トロより赤身の方が好きだ)。

日本酒は八海山純米吟醸。

板前グラタンだったかな?(ポテトグランだった気がする)。
牛肉の網焼き。
〆は温かいうどん。

そんな感じで、取り忘れた写真もあったのだが、大変おいしく食事をした。

その前の打合せの余韻で、組織論、上司と部下の関係、対中ビジネス時の香港活用の意義などをぼつぼつと話した。
会食中には仕事の話をしない僕には珍しかったが、和やかで楽しい会食であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です