運動は尊いが

最近、週2回程度、トレーナーに付いて、ボクシングと筋トレの個人指導を受けている。
やはり、専門的に教えてもらうと、体が随分変わってくるもので、金を使うのはそれなりに意義があるなと感心する。

いま受けている有料指導は、(筋トレの時)苦しいと、そこで止めてくれるので有り難いが、それにまだ慣れない。
何分、大学の時は、苦しい顔をすると、更に、これでもかと責め立てられたものだ。

とは言え、自分一人で練習している時より肉体疲労は大きいので、最近、自分でも困るくらい食欲がある。
1年前から続けた減量(というか、肉体改善)は、ウェストあと1インチで目標達成と言うところまできたが、これだけ食欲が出ると、絞れるかどうか、甚だ疑問に感じてきた。
今では若干開き直っているが。

因みに、昨日(土曜日)は、午後に練習して、その後、自宅で食事。
筋肉疲労で手が震えていたせいか、どんぶりを割るわ、ラップの刃で指を切って流血するわの大騒ぎであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です