嘘をつかずに生きる事

昨日打合せをしている時に、「若手社員の時、会社で、人にだまされる事はあっても、絶対に人をだますな」と教えられた、という話を聞いた。
良い話だと思った。
だます記憶は薄れても、だました事は、自分の心が一番知っている。
だから、胸を張って生きていくために、安らかに人生を全うするために、絶対に人をだましてはいけない、という趣旨だ。

確かにその通り。
勿論、人間、一線を越えると、人をだます事を何とも思わなくなるのかもしれない。
ただ、そうすると、もう元には戻れない。
嘘をつかぬよう、その場限りの取り繕いをしない様、肝に銘じて生きていくべきだと改めて思った。

話は変わるが、先週香港で行った焼肉屋。
和風焼き肉を謳う店であるが、なんとなく、本格っぽさがない。
店には、浮世絵ののれんがあり、更に、客(恋人同士)がキスしている写真がたくさん貼ってある。
キスした写真を撮らせると、割引でもあるのだろうか!?
そうとしか思えない写真数だ。
ともあれ、そこからして非本格の匂いが強く漂う。

ただ、肉を焼く場所(コンロと網)はなかなか良い造りで、日本酒も久保田万寿をはじめ、豊富にそろえてあるようだ。
期待と不安が相半ばする。

ヒレとカルビはこんな感じ。
なかなかきれいで良い肉だ。

葱を挟んだカルビは、かなり繊細。
食べてみると、なかなか美味しい。

ついでにニンニクオイル焼きも食べてみる。
昔、松戸に住んでいた時、「七輪」というチェーン居酒屋があって、焼き物を頼むと、本当に七輪を机に出してくれて、自分で焼いて食べる事ができた。
そこの売りのメニューが、ニンニクオイル焼きだった。
その店のニンニク焼は、ニンニクが更に多かったが(ぎっしり詰まっていた)、ニンニクを食べ終わると、使用したオイルに卵を入れて、卵焼きを作ってくれれた。
七輪に行くたびに、臭くなって帰ったものだ。
でもやめられない店であった。
そんな事を思い出しながら、ニンニクを全部食べる。

この他に、牛タン、ご飯を5杯(一人2杯半)食べて、ビールと飲み物を頼んで(1杯づつ)、HK$600だった。
牛タンはいまいちだったが、それ以外は満足。

店の内装とか、貼ってある写真のセンスとかは良くないが、それに目をつぶれば、合格点の店だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です