アジアの風収録・鎌倉散策

9日(土)は、朝9時過ぎから、BSジャパン「アジアの風」の収録。
10日前(1月29日)には、プラスティック素材の香港・中国展開に関する収録を行ったが、今度は、漆。
前回と比べて、商材的に、判断がなかなか難しい。
事前準備のために、香港(僕自身)、上海・広州(部下経由)でヒアリングをしたが、上海・広州の調査で少々問題が発生。
漆の中国での認知度、ステイタス、将来性を調査する様依頼したのだが、中国語では、漆と通常の塗料の区別があいまいだ。
油漆(ペンキ)、噴漆(ラッカー塗装)など、漆という字が、塗料一般として使われる。
今回の商材であるUV漆と、同じ漢字を使用する商品が中国にあるが、意味するものは全く違う。
この様な誤解に基づく回答が含まれているので、それを調整・排除していかなくてはならず、時間の制約(準備期間は2日間程度)がある中、手間取った。
同じ漢字を使う国であるが故に、こういった誤解が起こり得る。

収録に3時間程度を要したが、12時過ぎには終了。
急ぎの仕事は終わらせたし、9~11日は、日本、中国本土、香港が全て休日という、稀有の3日間。
疲れもたまっているので、仕事は切り上げ、鎌倉を散策する事にした。
鎌倉を3時間ほど散歩。
そして、鎌倉宮の休憩所で、おでんとビールを頼む。
3連休の割には、それほど人が出ておらず、のんびりと街を楽しめた。
疲れが癒されるひと時。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です