厦門でイタリアンと火鍋

(9月14日の出来事)
金門島から厦門に到着すると17時半。
入国手続きもあっさりと終了。
日本人の訪問も少なかろうから、入出国審査は大丈夫だろうかと心配していたが、全くの杞憂に終わった。
因みに、金門島は、観光地となっている戦争の痕跡よりも、市街地で普通の生活が営まれており、また、学生達が平和そうに友人と笑っている姿を見た事が、一番印象深かった。
フェリー乗り場から、マルコポーロホテルの前にある、ママミアというイタリアレストランに直行。
厦門訪問する時は、必ず行く店。
赤ワインを飲みながら、前菜、生ハム、ピザ、ラビオリを楽しむ。

食事が終わるころに、丸紅厦門時代の部下であった陳君(今は友人)に電話をすると、会食中のところを、友人を引き連れて飛んできてくれた。
大変義理堅い。
今回は、クライアント様と一緒なので(親しい方ではあるが)、会えるかどうかわからず、事前連絡していなかったのだが、「水臭い!」と怒られる。
中国、日本各地で仕事をしてきた事もあり、いたるところに友人がいる。
これは、何よりありがたい事だ。

二次会に行き、最後は火鍋屋で夜食。
完全にダイエットを忘れた一日。
翌日体重が1Kg増えていた。
また節制だ。

翌日(月)は、14時半のフライトで上海に移動。
それから、天津⇒北京⇒香港と移動する。
諸国漫遊記の様だ。
ともあれ、短い夏休みであったが、文句なしに楽しく、思い出に残るものになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です