北京で太る

9月13日から約1週間の間に、香港⇒厦門⇒金門島⇒厦門⇒上海⇒天津⇒北京⇒香港⇒上海と移動し、5回飛行機に乗った。
厦門は旅行だし、北京・天津の面談スケジュール自体はゆとりがあるものであったが、これだけ移動すると、さすがに疲れる。
おかげでここ3日間、悪夢にうなされ続けだ。
では、その間痩せたかと言えば、厦門で0.5Kg、北京で1Kg太ってしまった。
1980年代の様に、美味しいものが無い、と頭を抱える時代とは打って変わって、大都市に行けば、どこにでも美味しいものが食べられる。
嬉しい事だが、体重管理の面では難しい自己管理を迫られる。
北京では、初日が北京ダック。
2日目が萬火という店
非常に分かりにくい場所にある店で、一見さんを拒んでいる様な気もする(店の方々は感じがよく、特に拒んでいる訳ではないのだろうが、大変発見しにくい店、という意味)。
ただ、洋風アレンジが効いた料理は、全て大変おいしい。
これは、焼きナスに生ハムを巻いたものと、さんまとジャガイモのテリーヌ風。
焼きナスと生ハムの組み合わせに意表を突かれるが、美味しかった。

これは通常の焼き鳥メニュー。
トマトベーコン巻とつくね。

軟骨とささみ梅。
僕は、軟骨とささみが一番好きだ。

〆を食べるとまずい、と思い、ぶたしゃぶ(下にキャベツの千切りを蒸したものがいっぱい)を頼む。
それでも、満腹になるまで食べたので、翌日は0.7Kg体重が増えていた。

因みに、カウンターの後ろに、肉の部位が黒板書きしてあるのが面白かった。
へー、という発見もあり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です