居酒屋で講演会の打ち上げ

5月13日の14~17時に僕のパートの講演。今回は、個人所得税と組織上の肩書に付いて。
純粋な税務の話し加えて、法定代表人とは何か、股東会と董事会の関係はどうか、等々のテーマを講演。以前は、4時間程度の講演なら、立ったままでも全く平気だったが、最近は体にくる。
特に、足の指がつりそうになるのが辛い。来月の6時間の講演が少々心配だ。 ともあれ講演が終了し、30分程度の質問対応が終わるとくたくた。関内の居酒屋まで歩いて3人(松本顧問、杉山さんと僕)で会食。
三人
外で食べられる明るい店が良かったので、3年ぶりだが縁日・馬車道店という場所を予約。思った通り良い感じだ。
杉山焼鳥三人前たけのこしらす刺身厚揚げ
完全な居酒屋だが、刺身の鮮度が結構良い。また、勧められた竹の子が非常に美味しかった。
日本料理を食べるのであれば、当たり前かもしれないが、日本で食べる満足感がダントツだ。上海、香港と比べて価格も安いし。日本の方が香港・上海より安い、と感じる時がこようとは、数年前までは想像もしなかった事だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です