1日がかりでカンボジアに

5月18日は朝8時半の飛行機でホーチミンに移動。2時間のフライト予定であったが、ホーチミンの天候が悪いとの事で、3回ほど着陸をやり直したことから(車輪の何度も出し入れしていた)3時間ちょっとの飛行であった。やたらと揺れたが、機長の「天候悪いが、あと数分したらもう一度着陸をトライしてみる」という落ち着き払ったアナウンスが良かった。こまめな状況報告は非常に重要だ。
CXビジネスクラス
ホーチミン空港では4時間待機。ここまではキャセイなので、各種便益が享受できたが、これから先はラウンジも使えない。アウェー感が漂うが、ホーチミンの空港は意外に充実している。まず足マッサージを45分(US$35は空港価格だ)。そして、いつも使用しているFin Barで、インターネットを使いながら仕事。
足マッサージFINbar餃子
餃子が、damplingでもJiaoziでもなく、Gyozaと表記されているのが面白かったが、写真が焼き餃子なのに出てきたら揚げ餃子だったので驚いた。さらに、その後、春巻きを頼んだが、餃子と同じ味だったのでもう一度驚いた。ただ、味は悪くはない。満足した。

そうこうしている内に、4時間は経過。ベトナムエアでプノンペンに。
ホーチミン空港ベトナムエア
プノンペンまでは45分のフライトなのであっという間だ。
到着時は雨。ホテルまで1時間以上かかった。タクシードライバーが、渋滞を避けようとあれこれ策を練るのだが(前方が混雑していると、取りあえず曲がってみる、という技を繰り返していた)、それが完全に裏目に出ていたような気がしてならない。ホテル到着はカンボジア時間で夜7時。香港の家を出発したのは朝6時半なので、1日がかりの移動であった。
空港より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です