桃園空港のキャセイラウンジ

台北は2泊。北京から引き続いた宴席の連続で、胃がしんどい。
やはり、自炊ができる生活を、一定日数バランスよくとらないと、身体に負担がかかる。今回のスケジュールは反省だ。
もう少し体をいたわる日程をくもうと思う(いつも思っているが、今回は切実に感じた)。

とは言いつつ、桃園空港のキャセイラウンジで、牛肉麺と卤肉饭を食べる。台湾ラウンジのものは、一つ一つのサイズが小さいので有難い。台湾に来ると、毎回感じるのであるが、卤肉饭の米が非常に美味しい。これは、米自体が美味いのか、ひき肉だれが合っているからか。
台湾から香港に戻ると、翌日は歯医者。その翌日は、日本。
12月3日、4日、5日と3日連続講演会で、そのレジュメの読み込みもあるし(レジュメの作成がぎりぎりになった)、連載原稿の締め切りもある。たった1.5日の香港滞在、そして、移動の間にやる事が多く、綱渡り状態だ。これも毎度のことなのだが。
ともあれ、年末にできるだけのことをやる。ベストを尽くして、来年早々はペースダウンしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です