深圳でイタリアンを食べてから香港へ

(更新に間が空きましたが、前の投稿と同じ日の出来事です)
英国式居酒屋が、ちょっと、その日の気分に合わなかったので、洋食を探して街をさまよう。

携帯の地図で探しながら歩くが、結局、「pubは断念してイタリアンで行こう」と、シェラトンホテルにたどり着く。

プレセッコとピザ。とりあえず、講演の疲れが癒される。

食事を終えると20時。
福田区での食事だったので、しばらく前にできた高速鉄道に乗ろうと駅に行くが、チケット予約をしていなかったので、1時間後の電車しかないという。「それまで時間はつぶせんな・・・」と思案の上、福田口岸まで行き、何時ものMTR(旧KCR)で香港に。
新しくできた高速鉄道だと、深圳(福田)・香港(九龍)間が15分。従来の鉄道が40分程度かかるので、これはすごい短縮だが、従来の鉄道は、時間を気にせず、着た電車に乗ればよい。また、ホンハムに住んでいる僕とすれば、香港到着後、歩いて5分で帰れる従来の鉄道と、電車の取り換えがある高速電車(20分程度はロスタイムがある)では、到着後の手間が違う。
それを考えれば、深圳は、まあ、従来通りの交通手段で良いかな、と思ったものであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です