入国制限に付いて

昨日の中国における入国規制の件(家族に対するビザ発給制限)の続報です。
当社で、上海市浦東区の外事弁公室に確認、また、頂いた情報では、「上海市浦東新区では、先週から、家族に対する招聘状を発行しなくなった。広州市に関しては、特定の区(南沙区)は家族に対する招聘状を制限しだしたが、他の区は、今のところ問題ない」という状況との事です。
つまり、東京のビザ発給センターは、申請が有れば受理するという方針で、従来と変わりないのですが、地域によって、家族に対しての招聘状発行を停止しだしているようです(招聘状の発行レベルでの管理)。個人的な推測では、この流れが、全体的なものになっていく可能性が高いと思われるため、引き続き、受け入れが認められている地域の方は、申請するのであれば、一刻も早く動いた方がよいといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です