隔離に役立つもの

58年生きてきたが、隔離というのは、それまで経験したことが無い特殊環境で、最初(2020年9月)はかなり戸惑ったが、経験を重ねるにつれて、学ぶものも有った。自分のメンタルの保ち方というのも一つだし、準備すべき物、物品の調達の仕方など、徐々に勝手がわかってくるものだ。

まず、一番重要なのが「水」。これが有れば大丈夫だ。勿論、今の中国の水道水は、煮沸すればさほど問題なく飲めるので、心配する程ではないが(昔は水道水がずいぶん臭って、煮沸しても飲みにくかった)、ミネラルウォーターが有った方が嬉しい。デリバリーでも大丈夫だし、ホテルにお願いすれば補充もしてくれる(前回の上海は、補充は有料だった)。ただ、個人的に美味しい水が飲みたい(酒が飲めない隔離中は、コーヒーを飲むのが最大の楽しみ)ので、飲みなれた「いろはす」をデリバリーで購入。ともあれ、水を多めに確保すると、精神的なゆとりがでる。

そして、旅行用ラーメンポット。これは、1989年の福建省福州駐在からの頼もしい相棒だ。当時は、正規の駐在員ではなくトレイニーだったので、ホテルの一室に一年間居住した。調理器具が無く、このラーメンポットだけが頼りだったが、故障もせずに一年間大活躍してくれた。それを思い出して、前回の隔離で新しいものを購入。それを失くしたので再度、今回に備えて購入した。

即席めんを作るのが主要な用途だが、レトルトも温められるし、パンもトーストできる。支給される冷たいパンを、軽く焼くだけでも大違いだ。

こうしてみると、大学時代のバックパッカー経験、福建省のトレイニー経験等、色々なことが隔離生活の参考になっているのが分かる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。