奈良美智展に行く

ロックダウン期間中、住民はウィチャットグループで繋がっていたのだが、そこで知り合った方に招待されて、奈良美智展に行ってきた。昨日が全くの初対面で、なぜ誘ってくれたのかは分からない。ウィチャットの返信の仕方が気に入られたのか、もしくは、多用している「それゆけさだゆき」スタンプの効果か?。

これもロックダウンの副産物と言えようか。ロックダウンで閉じ込められていたのを機に、住民間の中は前よりも良くなったし、更には、門衛の方や清掃のおじさんとたちとも仲良くなり、挨拶したり軽い雑談をするようになった。一つの出来事には色んな側面が有るものだ。

展覧会は撮影可能だったので、気に入った作品を幾つか撮影した。ねこ坊やがおまるに跨ってる絵しか知らなかったが、けっこうメッセージ性が有る画家というのを初めて知った。他人の誘いがなかったら、家でゴロゴロしているか、ジムに行くかのオプションしかなかった。良い経験だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。