香港(本社の後輩が結婚)

本社の同僚から電話があり、僕の1年下の同僚が結婚するという。

僕の1年下なので40才のはずだが、相手は25才の中国人の女性(某大学の留学生)との事。彼は、最近業務のストレスで随分まいっている様であるが、これで少しは精神的に救われるであろう。めでたい事である。

彼は、1993年〜98に上海・北京で駐在している。丸紅上海会社(保税区法人)は、1992年の開設だが、僕は出張ベースでここの社内制度を作り、出張所から現地法人への移管のスケジュールを決めた。こうして、一応僕が作った仕組みの上で、彼が実務を行ったわけだ。とは言え(僕が作った規則は、“さわり”程度のものなので)当時海外経験の無かった彼の立ち上げに於ける苦労は大変で、かなり辛い目にも有ったようである。とは言え、彼を始め、関係者の努力もあり、当時僕が立てたF/S(フィージビリティスタディ)では、黒字化が非常に厳しいと思われた上海会社も、現在は隆々とした会社になっている。あの当時、社内では、世界三大現地法人に位置付けられている香港会社と、出来立ての上海会社とでは、天と地ほどの規模の違いがあったものだが、10数年たった今、両者はほぼ同格になっている。まさに時間の流れを感じる。

昨年末から始めたホームページ開設作業が、着実に進んでいる。会員企業向け専用コーナーには、規定集だけでなく、契約書・申請書の雛型、開発区のデータ(地価・電気・水道代など)を入れる予定であるが、この収集・翻訳もほぼ完了した。

1月末の開設を目標に、作業を急ぎたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です