香港(原稿・新著・その他スケジュール)

一昨日は香港到着が夜の9時半。そのまま会社に行き、0時過ぎまでE−mailのチェックとブログの更新。翌日(土曜日)起きると、NNAの原稿執筆。午後2時半に少年サッカーに出かけなくてはならないので、その前に提出しないと間に合わない。必死に題材を探し、人民元と外貨現金の携帯制限を書く。2005年1月1日から、入出国時の人民元携帯金額の制限が、6千元から2万元に増額された事を受けたもの。但し、これだけでは字数が埋まらないので、外貨携帯制限も書くが、これは2003年終盤の規定なので、ちょっと新鮮味に欠けるか!?これを、メール送信しようとすると、会社のサーバーメンテナンス中のようで送信できず。あれこれ策を弄して提出する。この時、2時半丁度(ぎりぎりセーフ)。今日は、新著を仮完成させる。全部で340ページ。まだ、直したいところは少なからずあるので、一旦、編集者に提出し、後は、キャッチボールしながら修正していく予定。

マカオのインキュベーションセンターの会議が香港で開催される事となった。これで、今週のマカオ出張が不要になった。助かる。ともあれ、週末の危機は去った!という感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です