香港(同僚、佐野元○)

今日は、朝からひどい雨。
タクシーに乗ったら、窓の外が見えないような豪雨が5分ほど続いた。
こういう集中豪雨が頻繁にあると、香港は南国だなぁという感を深くする。
こんな雨の中を、同期入社の佐野元○(フルネームで出してよいかどうか分からないので、一文字隠す)という、歌手の様な名前の男が、上海経由でやってきた。

彼は、大学時代は体育会・野球部出身で、入社した時には、勉学の雰囲気を全く漂わせない男であった。
入社早々のTOEIC試験では、ヒアリング部分であるにも拘わらず、20問ほど答えをまとめ書きして、早々と終わって寝ていたような人間で、まあ、度胸が据わっているのは確かであろう。
そんな彼も、配属されてからは、極めて真面目に働き始め、残業・休日出勤では、いつも顔を合わせる仲であった。
配属数ヶ月たった頃、彼が担当したアフリカ向け輸出債権(L/C付き)が、輸出国の外貨事情が原因で、アンペイドになった事がある。
その輸出荷為替が、たまたま僕の担当だったが、カントリーリスクなので、僕がする事は何も無く、一応、心配するそぶりを見せていたら、自然に解決してしまった。
という事で、僕は何もしていないのであるが、彼が勝手に、僕のおかげで解決したと、思い込んでくれて、その時以来、彼は僕を大切にしてくれている。
入社から1年が経過して、僕の中国研修が決まったときも、送別会という事で、六本木で中華を食べさせてくれたりしたし(その後、バーに行って、彼の下宿近くのラーメン屋に行き、最後に、彼が大学時代から下宿していたぼろ屋でビールを飲んだ)、8年半前に、僕の香港駐在が決まった時も、吉祥寺で送別会を開いてくれた。
ただ、この時は、「今日は、嫁さんに黙って家の判子を持ち出して、先物取引の契約をしてきたんだよ」とか言われたので、こちらが怖くなって、割り勘にしてしまったが・・・
その時以来の再会であるが、心配していた先物は、無事に切り抜けたようであるし(取引開始の数ヵ月後に、何とか、トントンで手を引いたらしい。「あれだけはやらん方がいいぞ」というのが彼の言)、仕事も家庭も順調な様で何より。

ホテルに迎えに行き、あっさりしたものを食べたかった僕が、「何が食いたい?」と尋ねると、「中華なら何でもいい」という強引な反応が来たのは予想外。
雨がひどくて、タクシーがつかまらなさそうなので、僕の好きな香港火鍋(これは、比較的あっさり)に連れ込む事もできない。
ゲッと思ったが、日本から出張に来たての人間に、日本料理を食べさせるほど我侭な人間ではないので、かろうじて体勢を持ち直し、会社近くの中華料理屋(僕の好きなZENという店)にいく事にする。
ただ、北京ダックは素晴らしく美味しかったし、紹興酒も上品な美味しさだったし、(腹が張った事を除けば)料理には大変満足。
気心知れた人間なので、勝手な話をして、楽しく過ごした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です