香港(頭を丸める)

頭を丸めると言うのは大げさながら、短いスポーツ刈りにした。
物心付いてから、自分が短い髪にすることに徹底的な拒否反応を示してきたので、こんなに短くするのは生まれて初めて。
新入社員の頃に仕事で失敗して、強制的に切らされた時よりも短い。
極端から極端に行ったので(トレードマークの長い茶髪から坊主に近い頭になったので)、会う人がさすがにびっくりして理由を聞く。
「初心に戻るためです」といっているが、まさにそんな感じ。
つまり、この2〜3年で自分なりに悩んだり、頑張ったり、懸命にやったりしてきたつもりながら、自分でも知らないうちに慢心していたのではないか。謙虚さや思いやりや優しさやひた向きさを失ってこなかったか。
そんな事を反省して、初心に戻る意味で、頭を刈ってみたもの。
もう一度、気持ちを引き締めなおしてみよう。

という訳で、似合うと思ってやったわけではない(見てくれはどうでもいい、というか、変に似合わないほうが良い)と思って切ったのであるが、我ながら本当に似合っていない。
朝の洗髪があっさり終わってしまうのはよいが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です