香港(新著の原稿完成!)

新しい本の原稿が完成!今回は、結構(自分としては)自信があるので、書き上がったのは嬉しい。
一旦、編集の方にバトンタッチ。
次の本の準備に何時入ろうか。
個人的には用語集の改定をやりたい。用語集だけでなく、税務・外貨管理等のアイテムごとのワンポイントも入れたいな、と思っている。例えば、現金持ち出し制限は幾ら、とか、外債登記が必要なのはどんな場合、とか、実務で疑問に思ったときに直ぐ引けるような辞書+便利帳のような感じに出来たらいいなと思っている。
数週間休んで(と言っても、連載原稿の締め切りは襲ってくるのだけれど)構想を練ろう。


全然関係ないのだけれど、数ヶ月前から、会社のトイレの鍵が公用になった。
というか、以前は、従業員全員がトイレの鍵を持っていたのだけれど、セキュリティ上の理由で鍵を交換し、ドアの脇にかけられた鍵を皆なで使う事になった。
鍵なんて、HK$20(280円)でコピーされちゃうから、あまり意味が無いような気もするけど、それはさておき・・・
ところが、いつも男性用の鍵が無い。
トイレに行きたくても、鍵が無くていけない事が何度かあった。
大変健康上良くない。
心配性の総務部長は、飲み会の席で、「これは経営に対する不満の表れかもしれません」とか深刻な顔で語っていたが、経営に対する不満が、トイレの鍵を隠すなんていうリアクションで現れるなら、サザエさんに出てきそうな、実にのんきな会社である。
「そんな事無いよ、絶対、ボケ−としてるんだよ」とか谷垣君と語っていたら(実際、僕のポケットを探していたら、鍵が2個も出てきた事がある)、谷垣君が笑いながらやってくる。
「ボケ−っとしてる人間の親玉みたいなのが居ましたよ!。鍵を置き忘れるだけじゃなくて、自分の鍵束をトイレの鍵と間違えてかけてますよ!」と大笑いである。
よほど間抜け、じゃなくて業務に真剣なのか分からないが、ともあれ、大物は居るものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です