香港⇒上海(上海でも亀一人気か?)

上海出張。
半年以上前から、「上海進出します」と言っていたが全然実現しておらず、そろそろ狼少年になりそうなので、本腰入れて準備をしようというのが出張の趣旨。
上海は天候が良いが寒い。
香港から来ると、寒さが堪える。
ホテルに到着し、NNAの原稿を2回分書いてから会食。
予約頂いたのが、大変洒落たベトナム料理屋で、「上海は雰囲気が良い店が多い」と感心。
食事中に、「亀一さんと一度会ってみたい」という話題が出る。
香港・広州だけでなく、上海でも亀一人気がでてきたか?
「でも、実物は無表情で黙ってるだけなんで、意外につまらないもんですよ」と言ってはみたのであるが、何かただならぬものがあるのではないか、と期待しているようである。
(毎週一回更新しろと、業務命令を出しているのに、サボって全く更新しない)亀一のハルピン留学記も読んだとの事。
亀一が、遠距離の彼女(韓国人)と、どの様に電話で会話をしているのかというのが、話題の中心となる。やはり、普通語が共通言語なのであろうか。
どうも、いたるところで、亀一のイメージが膨らんでいるようである。

因みに、写真は、前に香港出張したときのもの。
無理に表情を作ろうとして、変な顔になっている亀一。

最近、亀一(+友人の方々)は、広州で20代の会を作ったらしい。
77会という様で、思わず、「学校の卒業年次じゃないよな?」と確認したくなってしまいそうな名前の会。ある意味、敷居が高い。
1977年生まれでなくても、20代を広く募っているようだ。
広州で一大勢力の30代の会(30’sとか言ったかな?一度、出てみようかと言ったら、桑畑君に、「僕と亀一に任せてください!(なにを任せるのか?)」と言われて参加していないけれど)の対抗勢力となるか!?
着実に基盤を固める亀一。意外にやり手かもしれないが、流されているだけという説もある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です