香港⇔深セン(クライアントの開所式)

夕方5時から、深セン進出のお手伝いをさせて頂いた企業の開所式が、シャングリラ・ホテルで開かれた。
僕・浜田・深セン会社のスタッフもご招待頂いたので参加。
会社の設立、工場の場所選定、フォーメーション構築のお手伝いもさせて頂いたので、順調な立ち上がりは嬉しい限り。ご発展をお祈りしたい。
開所式は中国楽器の演奏もあり、なかなか洒落ていた。
また、香港に帰る出席者の事も考え、夕方5時と早い時間の開始も大変ありがたかった(夜10時前には家に帰れた)。
式はつつがなく進行。
招待客の方々も楽しそうであった。


せっかくの深セン出張なので、午後(開所式出席前)に、もうひとつクライアントを訪問しようと考え、深セン大工業区まで足を伸ばす。
深センの駅からは、車で1時間ちょっとの距離。
大工業区は、輸出加工区(広東省の輸出加工区は、広州とこの深セン大工業区のみ)を有する工業区で、名前の通り、本当に大きい。
輸出加工区の部分は区切られていた筈だが、中に入るとどこが輸出加工区か分からなくなる。
このクライアントの方は、場所選定・会社設立はお手伝いしなかったものの、取引スキーム(保税スキーム、香港を組み合わせたフォーメーション、事業計画、中古を含む設備機械輸入手続、などなど)の構築をサポートさせて頂いた。
無事設備機械も輸入でき、生産も開始され、本格稼動にあと一息、という感じ。
ともあれ、お手伝いをさせて頂いた企業が、順調に稼動を開始したのを見るのは大変嬉しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です