香港(TDCプレスツアーでレクチャーをする)

TDC(香港貿易発展局)が、日本の報道関係者を招待して、香港・華南の状況をプレゼンテーションする「プレスツアー」を今年も企画したので、そこで1時間半ほどレクチャーを行う。
昨年・一昨年も依頼されたので、恐らく3回目だと思う(色んなところで話をしているので、既に記憶が定かでなくなってしまっているが・・・)。
先週まで、体調崩したり、日本駆け足帰国をしていたりしていたので、準備不十分で少々反省したが、まあ、そつなくこなしたとは思う(自分で言うなと言われそうである)。

帰ってくると、華南シフトの原稿の微調整を求められる。
桑畑君との対談で、「しかし、この1年は、君は一回も華南シフトの取材に同行してないんだねぇ。振り返ってみれば。一部には、君が僕を避けていると言う噂もあるけど」という受け狙いのコメントを入れたら、「自分のイメージを悪くする様なコメントを入れるのも如何なものか」と削除を勧められたもの。
その話を、桑畑君にすると、「その通りですよ。僕は大変傷つきましたよ!そもそもですねぇ、僕は好きで水野さんと別行動を取っているわけではないんですよ(以下、文句)」と彼からもこっぴどく叱られる。
冗談なのに

夜は同僚の歓送迎会。
何の気なしに参加OKし、その場になって参加者(全部で6人)を知ったら、うちの会社を代表する酒癖が悪い人間ばかりで、しまった!と思う。
一次会の居酒屋では、(2週間の禁酒直後で、酒をセーブしていた僕以外は)全員酔っ払いの集団と化しており、うるさい事限りなし。
2次会は、潰しあいの様相を呈してきて、いたるところで乾杯が繰り返されている。
自ら散々乾杯した新任者は、前任者を送る意味も有ってか、カラオケで「いい日旅立ち」を歌い出すが、当然の様に誰も聞いていない。
その後、歌い終わってから、何故かその人間が床を這い出したので、注目を引く為の新手の芸かと思っていたら、単に酔っ払って足にきていたようで、そのまま自分が床の上で旅立ってしまったのは可哀想ながら自業自得。
そんな感じで、皆な早々に出来上がってしまったので、0時前に終了してよかった。
僕は、うまく立ち回れたので、酔いつぶれる事なく帰宅。
やはり、中国での宴会参加経験がものを言う。
つまり、必要のない時は酒を飲まず、印象的な時だけ、回数を絞って乾杯すると言う事。
乾杯をするときも、いろいろと能書きを言って、乾杯するまでの時間を稼ぐ事。
漫然と酒を飲みつづけて、ひどい目に有った事が過去に何回もあるもので・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です