東京⇒香港(ご当地キティちゃんを楽しむ)

今回の帰国は有給休暇なので、横浜の実家で朝11時までのんびり。
それから、2時間かけて本社に出社。打ち合わせ2件。
ちょっと、個人的に重要な打ち合わせ(半年後の展開を見据えた内容)であった。
打ち合わせ後、成田エクスプレスの時間まで間があったので、八重洲のクイックマッサージに飛び込む。
50分もんで貰ったが、相変わらず、ゴリゴリと背中が音を立てるので、マッサージの人が「これは凄いですねぇ」と驚いていた。
「そうでしょう」とおお威張り。
マッサージ後、予定通り成田へ。

意外と時間がタイトになったので、そそくさと出国手続をして、ゲートに行くが、飛行機が1時間半弱ディレイの模様。
暇なので、書店・売店を見て回る。
書店では、目に付いた本を10冊ほど購入。
その内の1冊が、「ブログではじめる起業法」といった感じの本。
1時間で読める内容だし、まあ、誰にでもかけそうな内容とも言えるのであるが、ビジネスの参考になる様な事がいくつか書いてある。
これを読んで、営業・企画課長の桑畑君にやってもらいたい事が、2〜3閃いた。
早速、明日桑畑君に読ませて、(種明かしをせずに)何をやるべきか考え、対策を練ってもらうことにしよう(また意地悪だと言われるかな)。


あとは、ご当地キティちゃんキーホルダーを探す。
最近、出張でいろいろな所に行くので、良く先々でご当地キティちゃんをみるのがちょっと楽しみになっている。
横浜のシューマイキティちゃん(頭がシューマイになっているような感じ)とか、大阪のお好み焼き(を焼いてる)キティちゃんとか。
売店に置いてあったのは、柴又キティちゃん(フーテンの寅さんの格好をしている)、御徒町キティちゃん(バナナの叩き売りの格好をしている)で、これは技有り!と感服して早速購入。

そんな感じで時間を潰していると、出発のお詫びで、弁当と飲みものを配りだした。
1時間半しか遅れないのに食事を配ると言うのはたいしたものだ。
中国の国内便でやったら、毎回の様に弁当を配る事になってしまうであろう。
ただ、ダイエット中なので、我慢してもらわず。
香港到着は夜11時半。
家に帰ったら午前一時で、明日は早朝ミーティング。
あ〜疲れた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です