香港(一部の厄介な人間とたくさんの感謝すべき方々)

残念ながら、社内で人から妬まれるようなポジションは獲得していないが、それでも(社内で)執拗に意識される事がある。
傍から見ると、自由に(好き勝手な事を)やっている様に見えるせいかもしれない。
昔、香港現法で一緒に働いていた同期がその際たるもの。
今は、関係会社に出向中であるが、最近、仕事の事でちょっと接触した(というか、相手が強引に接触してきた)ら、彼が谷垣君宛に、毎日何本も、僕に関する根拠の無い誹謗E-mailを打ってくる(水野は如何にたいした事がないかというE-mail)。
ここまでくると、立派なストーカー。
一本2千字位の文字で、びっしりと埋めつくされたE-mailは、おそらく1時間くらいかけて文章を練っているのであろう。
よく残業する奴だったけど、こんなもん打ってたら、そりゃ仕事終わらんわ。
そんなもんはせめて業務時間外に打て!というか、その偉大なる(マイナス)エネルギーを、もっと良い方向に使ってくれ!同期よ!


というのが、最近げっそりした、というか呆れたこと。

こういう困った人間もいることはいるのであるが、総じて言うと、社内外を問わず、いろいろな方々に助けられている。
社内で言うと、一緒に香港現法で働いていた同期の重田君は、僕の事業展開を本社側でサポートしてくれているし、今の中国総代表(昔の上司)も、広州会社社長の高橋さんも、深センの事業会社に駐在している内藤さんも、同僚の谷垣君も、大きな同期の木村さんを始めとする業務部各位、広報部各位、僕のわがままを許してくれた経理部、更には・・・
社外の方々はちょっとお名前をかけませんが、ともあれ、たくさんの方々に感謝しています。
このブログを愛読頂いている方々に対しても。
皆様の応援を頂いて、今年も無事に終えることができそうです。
今年は後厄で散々な一年でしたが、それでもいい方向に向かって進んでいます。
皆様のおかげです。
(明日以降もブログを書くとは思いますが、年末という事で)この場を借りて、お礼致します。
有難うございました!

蛇足ながら・・・
どうも、亀一をブログに登場させると、アクセス数が増えるような気がするが気のせいか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です