香港(外資商業企業規制緩和・五十嵐さん再登場)

12月9日付けの商務部の通知(商資函[2005]94号)により、2006年3月1日より、外資商業企業の設立認可権限が、「省級」商務関連部門に移管された。
数ヶ月前のブログに書いた通り、外資卸売企業に関しては、規模の大小を問わず国家認可が必要である為、商務部の実務が追いつかない状況になっている。
この状況を踏まえて設立認可権限が移管されたもの。
一応、特定商品(鋼材・貴金属・鉄鉱石・燃料オイル・天然ゴム、その他、8号令の17・18条に明記されているもの)を取り扱う場合は、従来通り国家認可であるが、それ以外のものは、地方認可で設立可能となるため、設立の迅速化・手続の簡便化が期待される。
商業企業の設立が、外国企業にとってかなり現実的な選択肢になってきたという事。
そんな事で、関連規定を邦訳して、会員企業の方々に配信。

先週、東京で一緒に食事をした五十嵐さんが香港出張に来た。
という事で、関連部門の駐在員と一緒に会食。
今回の幹事となったM氏は、「イタリアンが食べたい」という、五十嵐さんのリクエストをあっさり無視して、日本料理(慕情)に決定。
阪神タイガースファンのM氏は、最近、香港猛虎会の溜まり場である慕情によく行くらしい。
野球に興味が無い僕にはあまり関係が無いが、ともあれ、しめ鯖は大変美味しかった。
10PM頃迄会食。
ホテルのバーで1時間半ほど(珍しく)、五十嵐さんと2人で真面目な話をして解散。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です