上海(納豆は300回以上かき混ぜるとよいと言われる)

上海も秋の風が吹いてきたのですごしやすくなってきた。

かろうじて話題と言えば・・・
亀一が湖南省に行っているのを今朝知った。
何事かと思ったら、JETRO関係の視察団の様である。
コンシェルジュの華南シフトの取材に行かせようと電話をしたら、広東省にいないという事が判明し、ゲッと思う。
とはいえ締め切りまで時間が無いので、「じゃあ、番外編で亀一が見た湖南省というのをやるから、写真をたくさん撮って、データを集めて来い。文章だけは仕方が無いから水野が書いてやる。国慶節の前に提出するように」と指示を出しておいた。
実は僕は湖南省に行った事がない。
亀一がどんな写真を撮ってくるか。ちょっと興味がある。



今日は、朝一番で健康診断に行き、10時半からNNAの三井さんと打ち合わせ。
今後の仕事を取組方針に付いて、ブレーンストーミングを行った。
打ち合わせが終わると12時近くになったので、(NNAの)オフィスの近くの鉢本(だったかな?)という店に連れて行ってもらう。
「お勧めは田舎定食です」と言われるので、メニューを眺めると、とろろ・納豆・玉子焼き・ししゃもなど等が付いている、朝ごはん的で興味を惹かれるもの。
とは言え、そばも食べたいので、う〜んと悩んで、冷やしとろろそばと納豆を注文。
「ずいぶん悩みましたね」といわれたので、どう悩んでいたかを説明。
具体的には以下の通り。
●田舎定食も魅力的だが、そばも食べたい
  ⇒ 悩んだ挙句そばに決定
●そばは、「たぬき」と「とろろ」とどちらがいいのか
  ⇒ 田舎定食のイメージが強かったので、とろろに決定
●そばだけだと物足りなくないか
  ⇒ 納豆が付け合せる事を発見して解決
●冷たいそばの方が食べ心地はよさそうだが、温かいそばのほうが食べでがあるのではないか  ⇒ 温かいそばを食べ終わった時の汗が噴出す状況を想像して冷たいそばに決定

という事をあれこれ悩んだ末に、「冷たいとろろそば+納豆」に決定するまで5分間。
説明を聞いた三井さんから、「コンサルティングは得意でも、自分の食事を選ぶのは苦手なんですね」と痛い所を付かれる。

あと、「先日TVで、納豆は300回かき混ぜた段階から、うまみ成分がでると言ってました」と言われたので、早速350回かき混ぜてみる(肩が痛くなった)
かき混ぜる前の味を確かめておかなかったので、違いがわからなかった。
おいしくなったといわれればそのような気も・・・

ともあれ、なかなかよい店ではあったが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です