翻訳規定販売サービスを開始

夜8時15分発の飛行機で、上海から香港に移動した。
香港到着は夜11時。
幸いな事に、便ががらがらだったので、離陸前に席を移動して、後ろの席(かなり空きが目立つ席)に。
4人がけの席をまるまる独占できたので、枕と毛布を貰って横になる。
やはりこんな感じで移動できると、疲れ方が違う。
香港到着時も、それほど体に負担は無し。


全然話が違うが、3月より、NNAさんと共同で、規定の翻訳販売を開始する。
1月と2月にプロモーション版を配布するが、初回(1月)の配布で、既に良いペースでご契約を頂いている。
ありがたいと感謝すると同時に、「狙いが当たったぞ」とほくそ笑む。

これは、外貨管理、通関、会計税務、会社設立・廃止、労務など、分野を問わず、読んでおいた方が良い規定は、徹底的に翻訳して、隔週で(印刷物として)お届けしようというもの。
毎月数十本翻訳しているので、かなりの分量になる。
これは、十数年前から、僕が実務をするに当たり、矢継ぎ早に公布される中国の規定のフォローアップに頭を痛め、「こんなもんがあったらよいのにな」と思っていたのを実現させたもの。

M&Cのコンサルティング会員の方には、E-mail&HPのデータという形で提供していたが、今回、印刷物の形で配布することにした(邦訳・中文の見開きというレイアウトも僕のこだわり)。



他社でも、注目度の高い規定を、月に数件選んで翻訳し、無料で提供しているようなケースが多いが、僕のサービスの売りは網羅性。
「訳すべきものは全部訳す」というのを、ポリシーにしている。

分社前に、社内の関係者(現地法人主管者など)から、「銀行や弁護士事務所が、無料でレポートを配信しているのに、規定を有料で買う人がいるのか」とか、いろいろ言われたけれど、僕から言わせれば、全く分かってない。
(分社の時に、社内の人間からあれやこれや言われて、結構悔しかったので、改めて反論すると)必要なものを全部訳すのと、部分的に訳すのでは価値が全然違う。
これは、僕の実務者としての感性。

そんな感じで、思い入れが有るサービスなので、大当たりするといいな。
という事で、ご興味の有る方はこちらに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です