夫婦も15歳歳が離れると

バーで記念写真

若干、時間は前後するものの、先週金・土曜日にアテンドした人から写真が届いた。
彼女達は、僕の元上司の五十嵐さんの部下。
何度か香港にも来た事があるし、基本的に旅なれているので、上海なら一人歩きもまったく問題ないと思うのであるが、会社の上司陣が心配して、「上海は治安が悪い」とさんざん脅し、五十嵐さんが、「地下鉄に乗るな、自分達で出歩くな」と出発前に厳命を下したようだ。
そんな訳で、出発前には「なにやら話が大事になってますが、上海はそんなに治安が悪いのでしょうか」という質問E-mailがやってきた。

上海到着後は、「だまされました。治安良さそうじゃないですか」と拍子抜けしていたが、満員の一号線(地下鉄)のドアには腕を挟まれ、「確かに地下鉄は怖いですね」と、この点に関しては妙に納得していた。
因みに、上司五十嵐さんは地下鉄に乗った事は無いはずだが・・・

井上夫妻

因みに、これは、一緒にアテンドした井上夫妻。
井上君も、五十嵐さんの元部下で、僕の元同僚。
「水野は業務時間中は、旅行者の面倒を見ないに違いない」という五十嵐さんの不信感を前提に(その通りなのであるが)、井上君夫妻が借り出されたもの。
ただ、彼の夫人が中国人な事もあり、アテンドという意味では、僕よりはるかに良い機能を果たしていた。

井上夫妻は15歳違い。
彼は僕のひとつ年下で43歳。
婦人が28歳。
かなり仲が良さそうだ。
「これだけ歳が離れると、却って上手くいくのかなぁ」と感心する事しきり。

親子のようで、兄弟のような夫婦であった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です