思わぬ休息(身体を休めた1日)

大通りの桜と瑞泉寺

ひょんな事からスケジュールが空いた。
今日はのんびりする事にして、実家からちょっと足を伸ばして鎌倉へ。

鎌倉は、実家の裏山から歩いて1時間くらいで行けるので、高校時代には、毎週のように一人で行ったものだ。
懐かしい。

思えば、去年の2月から8月までは精神がぼろぼろ。
9月からは、働きすぎで身体がぼろぼろ。

こんな感じののんびりした環境に包まれると、反動で身体がふらつく感じ。

ただ、自然の中を、花を愛で、昔を思い出し、てくてく歩いていると、徐々に癒されてくるのがわかる。

贈り物の様な1日だ。
あと数日間こんな感じの休息が欲しい。

気力を元に戻したい。
この1年は戦いに明け暮れた(僕の希望とは別に、明け暮れさせられた)。
殆ど休日は無かった。
1日17時間働く日々も続いた。

数日休息すれば、気力はまた充実しそうだ。

部下も揃ったし、これで本の執筆も開始できる。

良い1日だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です