〆の火鍋は出前一丁入りが香港流!

二次会では港南中学や上永谷談義

広州からホンハムに着いたのが午後4時前。
オフィスで打ち合わせを2件して会食。

先ずは、日本人倶楽部のさくら。
昨年、丸紅退職時に、一旦、メンバーシップを返上しているから久しぶりだ。
広州から香港に戻ると、さすがに日本料理が美味しいと思う。
日本人倶楽部の料理も、ずい分レベルが上がったな。
トイレに行く時に、警備のおじさんに、「久し振り!」と声をかけられ握手したり、子供のプレイルームを眺めて、自分の子供が小さかった時を懐かしく思い出したり。
久々の日本人倶楽部は懐かしい。

食事の後は二次会で、思いつく80年代の洋曲を歌いまくる。
なんでこんな事になったのかな?と思い返すと、ミュージカルのママミアの話題で盛り上がったからだ。
出張者の方は日本で、僕は2年前に上海で見た。

あと、出張者の方が、僕とほぼ同年代で、僕の実家と近所。
そんな訳で、僕が行っていた中学校(港南中学校)とか、上大岡の話でもりあがった。
香港でこんなローカルネタは珍しい。
学校の話題も、高校までは遡る事はあるが、港南中学、日野小学校まで行くとは思わなかった。
これまたノスタルジックな雰囲気。

火鍋屋で最後のビール

二次会が終わると、久々に〆の火鍋。
よほど盛り上がらないと、〆の火鍋は食べないので、久しぶりだ。
僕がよく行く寧記火鍋に。

僕の好きなものだけを入れた鍋

僕の好きな、魚の皮の揚げたの、油揚げボール、湯葉、烏賊団子、そして出前一丁!
日本でいう〆のラーメンが、こちらでは、〆の火鍋(僕の場合はそう)。

ラーメンに比べてスープが脂っぽくないので、ラーメンよりヘビーでなくてよい。
魚の皮の揚げたのを、一瞬鍋に入れて、たれをつけて食べるとこよなく美味しい。
たれをつけた油揚げボール(生根)が、口の中でぐにゅっといくのも素敵だし。
そして、生麺ではなく出前一丁がなんとも嬉しい(勿論、生麺も頼めばある)。

さんざん飲んで散会。
明日は労働節のお休みだから!と心地よく帰宅。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です