耳かきと信頼感

数年前に、深圳でマッサージをしてもらっていたら、耳かきをしないかと言われた。
いらないと言ったら、気持ちいいから是非やれという。
20~30元の話だったので、面倒だから「いいよ」と言って、やってもらったら、棒を耳に突き刺され、かなり流血した。
あれはまいった。
ホテルの部屋に帰ってからも、血が流れてきたから。

それ以降、耳かきには警戒していて、めったにやらない。
やる場合でも、専門の担当者がいる場合だけだ。

最近、上海でたまに行く足マッサージ屋は、大変上手な耳かきの人がいる。
確かに、うまい人間にやってもらうと気持ちいいな。
と感心する。
危険と隣り合わせのところがよいのか!?
しかし、この店の難点は、マッサージは、うまい人間がいないという事だ。

耳かきの為だけにマッサージ屋に行く気にもならないし・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です