桜色の激安?

桜色の激安というのは海老天巻の事だったか

香港でオフィスの近くを歩いていたら、元気寿司がビラ配りをしていた。
香港で有名な回転寿司屋で、昼時にはいつも行列している。
亀一が香港に来た時、たまに連れて行くと、「うまいっすわ」と喜んでもくもく食べる。

寿司ネタは、日本と同じのもあるが、ちょっと趣向が違うものも少なからずある。
例えば、海老フライ巻とか、とんかつ巻とか、生サーモンを山葵マヨネーズで和えた軍艦巻とか。
なんか、こういうものだと割り切って食べれば、それはなかなか美味しい。
香港の回転寿司屋では、こういうものを主流に食べていた方が、安くておいしい気がする。

そんな感じの元気寿司のビラ。
「桜色の激安」
海老てんぷら巻きの様だ。
一皿HK$6は安い。
期間限定の様だけど。

因みに、香港では、平仮名の「の」というのは、すでに中国語の仲間入りをしている感がある。
そこらの看板に、当たり前のように平仮名の「の」が使われている。

かなりお得に見受けられる3品セット

もう一枚。
「午後の自選三食」
寿司 ⇒ 4個入り5種類の中から1種類
料理 ⇒ 小海老フライ、鳥から揚げ、蟹子さらだの中から1種類
汁もの ⇒ おでん、シジミ汁、うどんから1種類

これでHK$ 39というのは、かなりお得だ。
これも期間限定プロモーションの様だが。
でも、写真で見るに、ちょっと小さいかな。
追加しないと、満腹にならない気がする。
でも、誇大広告じゃないから(たぶん)良心的でいいか。

でも、寿司のオプションが、サーモンに偏重しているのは少々難だ。
マグロの人気が徐々に出てきているとは言え、まだ、香港の人はサーモン好きなんだなぁ。

などなど考え、ちょっとビラに見入ってしまう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です