裏山歩きで香港の自然を楽しむ2

これまた突如現れるダムのようなものと本格的な貯水池

すでに70分ほど歩いている。

歩いていけば、バスに乗れる道に出ると言われたが、さてどう行けばいいのだろう、と考えだす。
ただ、道行く人々の顔がのんきなので、心配する必要はまああるまい。

そんな事を考えていたら、ちょっと先にダムのようなものがあるのが目に入る。
「そう言えば、大きな貯水池の脇にバスが走る道があるので、こっちの方に歩けばよいのだろう」とひとり納得し、歩き続ける。

それを通り過ぎると、本格的な貯水池が。

貯水池とそこにかかる橋

貯水池は思った以上に大きく綺麗。
遊泳禁止の看板が掛けてあるが、さすがに泳ぐ気にはならんな。

かかっている橋も、何となく西洋風で洒落ている。

のんびり歩いて2時間でコースは終了。

歩き始めて2時間弱。
のんびり歩きだけど。

貯水池の反対側の橋を、バスが走っているのが見える。
おっ。ゴールが近いぞ。

と思っていたら、始まりと同様、これまた唐突に終わる感じ。

出口にはタクシーが泊まっている。


家の近所でビールを飲んで散歩終了

出口のすぐ脇はバス停。
なんて便利なんだ。

ただ、バスがなかなかこなくて、結局、30分待ち。

家の近くに着いたのは、夕暮れが始まる頃。
バスを降りたところでレモンコークを買い、それを飲みながら歩いていたら、パブが見つかったので1杯だけ。
ステラビールのドラフト。

ここから家まで歩いて10分。

今日の散歩は終わり、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です