亀一横浜中華街で咳き込みながら四川料理を食べる!

なかなか辛くて美味しい蒜泥白肉と麻婆豆腐

ブログお休みから復活し、バックデートで更新しています!

東京での打合せが終わると亀一と合流。
「どこで飲みましょう?」と聞かれたので、「横浜中華街だ!」と断定する。

「えー、遠いし、そんな所まで行ったら、一人で帰れる自信がありませんよ」という亀一(山口県出身)であるが、「水野の実家からは近いんだ!神田(亀一の宿泊ホテル)まで電車1本だから問題無し!」と勢いでねじ込んで、横浜中華街まで引っ張っていく。
神戸の中華街しか知らない亀一にとっては、横浜中華街は想定外の大きさだった様だ。
「すごいですねぇ。この規模なら、街で一生を終える事もできそうですねぇ」と感心しているが、それは言いすぎだ。

辛い物を食べようと決め、歩き回って、適当な店を選ぶ。
これが当たり。
「日本で食べる四川料理だから、おそらく辛くも刺激的でもないだろう」という想像を、良い方向に裏切って、なかなか本場っぽい味に仕上がっていた。
僕の好きな蒜泥白肉で開始。
麻婆豆腐は当然食べる。
僕としてはさして辛くはないレベルだが、亀一、辛さのあまり、ごほごほせき込み、涙を流し、鼻をすすっている。
インフルエンザ患者の様だ。
大変忙しい食事。

富久娘のお銚子で紹興酒(氷砂糖付き)

それから紹興酒。
「氷砂糖が出てきましたよ。何するんですか?」と不思議がる亀一。
「日本じゃあ、紹興酒頼むと氷砂糖が出てくるんだよ。昔、質の悪い酒を砂糖入れてごまかして飲んでたのが、日本では紹興酒飲む時の習慣として残ってしまった、ってどこの本にも書いてあるじゃん」と説明する。
因みに、富久娘のお銚子で出てくるのが、中華街っぽい(和中折衷?)。

坦々麺の写真を撮るとき、「こうやって麺を持ちあげると、グルメブログっぽいですよ」と言って、亀一が麺を撮影用に持ちあげる。
確かに、小技が利いてる感じがするが、惜しむらくは、ひょいひょいと撮影しているので、ピントもろくにあっておらず、なんちゃってグルメブログって感じなのは否めない。
自分で言ってはいけないが・・・

マンゴプリンを食べる亀一と一品だけ外した料理

最後はデザートという事で、亀一だけ変な顔をしてマンゴプリンを食べる。
おいしいおしいとご満悦。
既製品ぽかったらしいが。

そんな感じで会食終わり、僕は実家へ。
亀一は神田へ。

全般的に美味しかったが、一品外したのが、牛の筋肉と刀削麺。
中華の牛肉は、いまいち美味しくないなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です