中国の仕事は時間のロスとの戦い

福田口岸の駅と福田保税区

9月3日、まずは深圳・落馬洲から。
クライアントの方が長安鎮なので、深圳まで車で迎えに来て頂く。
深圳行きの電車は、羅湖行きと落馬洲行きの二種類あるが、落馬洲行きの方が新しくて綺麗だし、人も少ないので快適だ。
そんな訳で、落馬洲(福田口岸)でピックアップ頂く。

ここは、福田保税区のほど近く。
駅の向こうには福田保税区が見える。
とは言え、歩こうとすると、それなりに距離があるのだが・・・

深圳の駅でのピックアップは12時丁度だが、そこから東莞市長安鎮は、何だかんだで1時間くらいかかるので、車に乗って1時間。
打合せ開始は13時。
打合せを1時間半して、また車で駅まで行くと15時半。
16時発の高速電車で広州まで65分。
広州東駅からホテルまで歩いてチェックインすると、結局18時。
ちょっとE-mail整理をしたら会食。

香港を出発したのは10時なので、結局、移動時間が6時間。
中国での仕事は時間のロスとの戦いだ。
こんな時に、ブラックベリーで車の中でもE-mail処理ができるのが有難い。
あと、PC持ち歩いているので、文章も書けるし。

市長大廈で20数年ぶりの友人(元同級生)と会うと、天河で会食。
食事が終わると、焼酎バーで飲もうかと言う事に。
が、いつもながら場所が分からない。
う~ん、と考えて、ウェネバーの太田さんに電話をかけて、行き方を教えてもらおうとすると、「焼酎バーはまだあるんですが、お店の方は、新しい店を開いたのでもういません」との事。

「うわー!半分以上残ってて今度飲もうと思っていたウィスキーがおじゃんだ!」と絶望しかけたが、気を取り直して、新しい店の行き方を教えてもらう。
兄弟船の一階だ。
前よりゆったりしているのと、メニューが充実しているので良い。
他のお客さんが、そばを食べているので、頼んでみたらこれも美味しい。

こちらが今晩のキーマン

まあ、ウィスキーはなくなったが良しとするか、と思い、お勘定をしようとすると・・・
今晩のキーマンが登場。

それからの展開はこの次に・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です