4軒はしごの荒っぽい夜

兄弟船の厨房を通ってバーに抜ける(裏口)

水野さん、ブログに書いてくれて有難うございました!
と声をかけた男性は、兄弟船の方とその友人の方。

先日はブログに書いて頂いて有難うございました。JAZZ流してますから。
と言われる。

食事をした時のブログに、「美味しくて良い店だが、バックの演歌をJAZZに変えて欲しいなぁ」と書いたのを受けてのもの。
本当だったら嬉しいので、次回視察に行こう。
この裏に、バーを開きましたので来て下さい!と誘われるので、そのまま移動。
本当は、違う道から行くのであるが、裏口から(兄弟船の厨房経由)。

店の様子とLULUさん

本当のカウンターバー(LULUという店)。
若い日本人の男性と、中国人の女性がカウンターの中に入っている。
店の由来は、この女性の名前(LULUさん)からとの事。

広州には、カウンターバーが長い間無く、バー好きの僕としてはさびしかった。
焼酎バーしかないんだけど(この店自体は好きなのだけど)、収容人員少なかったし、なにより僕は焼酎が嫌いだ(オプションが無ければおとなしくのむが、焼酎とブランデーを飲んだ翌日は、何故か体調が悪い)。
という事で、焼酎バーにワインを持ちこませてもらったりしていたのだけれど、亀一の友人が開いたアロハという店が出来たり、このバーができたり、広州もだんだん変ってきたようだ。



そこで飲み終わると、兄弟船の方から、「水野さん。広州を好きになってもらわなくてはいけません。全然広州来ないでしょ!まだ飲みましょうよ」と言われて、スナックに。
「明日9時から打合せなんだけど・・・」というが、気迫に呑まれてもう一軒。
飲む事午前2時半近くまで。

飲み終わるとさすがにふらふら。
まだ飲みましょう!という誘いを振り切り(これ以上長くなると、朝働けない)、タクシーで市長大廈に。
瞬時に寝る。

後日、「猛反省しています!」というお詫びメールが入ったけれど、僕自身はこんなハプニングは嫌いではない。
翌朝はちょっと眠かったけど、まあ、気合いで乗り切ったし。
という訳で、なかなか荒っぽくも楽しい一夜であった。

いつでも来い!という感じ。

またの飲み会に備えるために、明日から3日間酒抜きだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です