太古城⇒尖沙咀(的士司機との戦い)

飛行機の大幅な遅れで、前夜寝付いたのは明け方3時だったが、今日は朝一番で打合せだ。
前の日によく寝て、体調が回復したと思ったら、また疲れて悪くなった感じ。

朝一番で処理しなくてはいけないE-mailがあったので、睡眠を3時間しか取っておらず、しんどい。
前夜、交通費をケチったのが、体に負担をかけた元凶なので(エアポートエクスプレス&タクシーでHK$ 180かかるのを、HK$ 45で抑えようとしたのがいけなかった)、交通費で細かい金額をケチるのはやめようと決心する。
良きに付け悪しきに付け、この1年で、経費削減が強迫観念になったようだ。
黒字化を受け、ちょっと元にもどそう。
よって、太古城からタクシー。

太古城から、チムサッツイ、ホンハムは、非常に交通の便が悪い。
タクシーで行くのがいちばん早いが、8割の確率で言われるのが、「セントラルトンネルは混んでるから、イースタントンネルで行かせろ」という事だ。
ただ、確かにイースタントンネルは空いているが、トンネルを抜けてからが必ず混んでいる。
結果的に時間は同じか、却って時間がかかり、距離は長いので8割増しの料金を取られる。
そんな訳で、イースタンで行かせろ、という要求は断る事にしている。
毎回同じ事を言われるので、「イースタンは出てからが混んでるので、時間は結局一緒だ。セントラルで行ってくれ」という広東語が、すんなり言える様になってしまった。


今回も、セントラルトンネル!と3回連呼したのだが、なかなか手ごわい運転手で、それでも勝手にイースタンに行こうとする。
「ちょっと待て!何でイースタンに行こうとするんだ!!」と叫び、進路を変えさせる。

凶悪な顔をした運転手、運転しながら、「こんなに混んじまって、時間無駄で、いい迷惑さぁ!」的な文句を、何度も何度も、口を歪めてブツブツ言う。
ジャッキーチェンの映画に出てきそうな、典型的なシチュエーションだ。

こっちも腹いせに、秘書の水嶋さんに電話をかけて、「イースタンは、結局時間がかかるのに、運転手が文句言ってんだよ」とぶつぶつ言う。

車の中、男二人の陰険合戦だ!?

とは言え、思ったより早く到着。
道路の状況はよい感じ。
40分程度で目的地に。
絶対、イースタン使っていたより早く着いた筈だ

運転手は、ふてくされて一言も言葉を発しないが、細かい客だと思われたようで、かなり細かくお釣りとレシートをくれた。

まあ、何やらわからないが、よしとしよう。
しかしながら、太古城から九龍行きタクシー、毎度ながら大変疲れる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です