土曜の夜は恒例の原稿書き

土曜日の夜は、恒例のNNAの原稿書き。
しばらく、これ!という法規が出されていないので、ネタに困って半日悩む。

先々週は、輸入ユーザンス・輸出代金前受け金の総量規制(指標を30%から20%に引き下げ)に関する通知(外貨管理業務のいっそうの許可に関する問題の通知:匯発[2011]11号)を解説。

先週は、若干ネタ探しに苦しんだが、(非居住者企業の所得税管理に関する若干の問題の公告:国家税務総局令[2011]24号)の中に、クロスボーダーファイナンスリースの課税に関する制度変更(リース料総額に含まれる金利に関する課税方式の変更)があったのでこれを解説。

今週は本格的に苦しんで、「2011年度国内機構の短期外債残高指標査定問題に関する通知(匯発[2011]14号)」に付いて解説した。
とは言え、通達の内容的に、あまり解説を加える部分がなく、若干、ひねりを欠いた文章だなと思うのではあるが、匯発[2011]11号と同様、金融引き締めのニュアンスが分かるものであり、「まあ良いか」と自分で納得する。

さて、来週は何を書くか・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です