横浜みなとみらいで会議⇒中華街で会食

中華街

上海から羽田に移動。
横浜みなとみらいに直行して、社内打合せ。
会議参加は、4月7日から横浜に赴任している亀一、そして横幕さん。
更に、香港から出張した水嶋さんの4人だ。

打合せを終えると、横浜中華街で会食。
上海料理の状元楼と、四川料理の景徳鎮と、どっちが良いかと聞くと、「四川料理」と亀一が即答するのでそれに従う。

ここは、起業早々、「横浜ランドマークを見て誓いを立てよう企画」をした締め括りに会食をした場所だ。
本場の辛さの麻婆豆腐が名物だが、辛くない料理も全般的に美味しい。
メディアでもよく紹介されるが、よい店だ。
(前にも書いたが、四川料理なのに景徳鎮という名前と言う点だけがふに落ちないが)。

蟹卵ふかひれスープと蒜泥白肉

そんな感じで、蒜泥白肉、蟹卵ふかひれスープ。

八宝菜と本場の辛さの麻婆豆腐

八宝菜に本場の辛さの麻婆豆腐。
その他、炒飯、シュウマイ。
そして、麻婆豆腐と食べたご飯(一人一膳)。
「横浜赴任以来、一人飯ばかりでしたので、人と食事をするのは久しぶりで嬉しいです」、と言って、亀一はネギラーメンを1杯追加して食べて、デザートも食べていた。

久方ぶりに、僕よりよく食べよく飲んでいた亀一だ。

会食した、水嶋さん、横幕さん、杉山君。
僕は移動疲れでぼろぼろなので、写真には写らず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です