横浜中華街のチャーシューメン

25日に日本から香港に移動。
2週間ぶりの香港だ。
日本では雪が降り寒い日が続いたが、香港は8度。
ただ、部屋に暖房設備が一切ないので、日本より却って寒さが身に染みる様で辛い。

話変わって、先日横浜での講演会の前に、中華街で食べたチャーシューメン。
中華街風のシンプルな麺を、ふと食べたくなり、11時過ぎに飛び込みでメインストリートの店に入った。
目当ての店が11時半営業開始であったので、やむを得なしという感じ。
ただ、スープも麺も生ぬるい。
チャーシューの味もいまいちどころか、積極的に不味い。

チャーシューメンの850円という値段はよいとして、一緒に野菜炒め(空芯菜かほうれん草の炒め物)を頼もうと思ったら、1,600円もするので断念した。
小籠包も1,200だ。
中国で食べれば、2品合わせて500円という感じだろうに。
やはり中華街のメインストリートの値段は高い。

講演会は成功であったが、その前の昼食は不発であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です